匿名使用者
匿名使用者 發問時間: 社會與文化語言 · 2 0 年前

專訪翻譯~~~大家來試試唷!!!最討厭翻譯機....

小日向文世的專訪~!!

僕は、劣等生でしたね(笑)。勉強は全然できなくて、油絵をずっと描いてたんですよ。放課後に部室で油絵を描いているのが大好きで…。

全然ワルじゃないんですよ。でも、先生が順番に前から当ててきて、僕の番になるとよく横にずれるっていう(笑)。麻雀に明け暮れて、油絵描いてっていう生活だったから…。

親父は通信簿を見て笑ってました、怒りを越えて(笑)。もう全部2でしたもんね。大きなキャンバスを抱えて、下駄を履いて通学するんですよ。それで、授業中は麻雀の点棒の数え方を覚えたりして、で、放課後は絵を描いて。それの繰り返しでしたよね。だから、授業が苦痛でしたよね。よく卒業できたなと思います(笑)。

 俳優という仕事を始めてからは、先生役をやりたいなとずっと思ってました。特に、小学生の低学年の子どもたちに教える先生がやりたいなって。「さよなら、小津先生」は高校の先生でしたから。でも、連ドラの時は、教えてるシーンはなかったんですよ。スペシャルで初めてあったんだけど…。

子どもたちに対してやさしい先生がやりたいですね。金八先生に対抗して(笑)。学生時代は、先生ってただうざったいだけですよね。でも、小学生の低学年のころは、先生と両親がだぶったりして、「おかあさん」って間違って言っちゃたりとかはありました(笑)。

小学校の時の先生って、凄くいいイメージがあるんだけど、だんだん勉強ができなくなってくると、嫌な人に見えてきたりしちゃうんですよね(笑)。

1 個解答

評分
  • 2 0 年前
    最佳解答

    我阿,是個劣等生呢(笑)。對於讀書是完全不行,只是一直不停地畫油絵。放學後最喜歡到美術室畫畫…。

    不過完全不是壞學生喔。但是,當老師按照順序從前面點名,等到點到我名字時~都會....(這句超難翻!就感覺是點到他~老師就會歪頭嘆氣說"哎呀~"的感覺~因為他不讀書)(笑)。當麻雀喚醒早晨,就是我開始一直畫油絵的生活嘛…。

    我父親看了學期成績單就會笑,蓋過想生氣的情緒(笑)。因為全部都是得2呢。懷抱著那大大的校園,私底下每天走路通學(這一句...真的不會翻..嗚嗚)。而且,上課中時就把麻雀的点棒(對不起~點棒不知道~)記起來,然後,放學後就把圖畫下來。就一直循環這些步驟呢。所以,上課是件痛苦的事呢。還會想竟然能畢業呢(笑)。

    從開始當演員這個行業開始,我就一直想演"老師"這個腳色。特別是,想演教小學低年級生的老師。因為「再見,小津先生」裡演的是高中老師嘛。但是も,連續劇時,沒有教書的場景喔。雖然在特別篇是第一次有…。

    想演對於孩子而言是溫柔的那種老師。對抗金八老師(笑)<日本有名的校園老師與學生的連續劇>。学生時代時,老師對我而言只有很囉唆~。但是,在小学低年級時,會把老師和父母搞錯,會發生搞錯叫出「媽媽~」來的事(笑)。

    對小学時的老師,會有超級好的印象,但隨著書讀的越來越不好,會變成把他們看成是討厭的人呢(笑)。

    你標題一直換~好好玩(EX...謝絕翻譯機~到~最討厭翻譯機....)

    參考資料: 功力不足的我~
還有問題?馬上發問,尋求解答。