日本的宗教信仰

日本大多人都信什麼?

神社是在做什麼?

他們有哪些節日?

3 個解答

評分
  • 狐狸
    Lv 5
    2 0 年前
    最佳解答

    日本人到底信什麼?這是很難回答的問題,因為依照日本國內的調查,每位日本人平均信仰兩個宗教,而且其中很大部份是新興宗教。在日本宗教有時是為迎合生活需要而存在,例如日本人結婚時喜歡依照基督教的儀式,因為這是最經濟便宜的(如果用日本傳統的儀式少說要花掉千萬的台幣),但葬禮卻大多選擇佛教的儀式,簡單莊嚴。

    日本的傳統宗教叫神道教,其實日本人在生活裡的很多習俗或節日都與神道教有關係,而神社就是神道教祭拜神明的地方,神道教的神明很多,他們自己說有八百萬神。而他們過的節日除了一些與天皇有關的節日外,大部份都與祭拜神明的祭典有關,例如:新嚐祭(把一年第一次收獲的米獻給神明)、祗園祭(趕走瘟神),還有一些與生命禮俗有關,例七五三節(每年11月15日滿七、五、三歲的兒童給神明祭拜)、女兒節等。他們就像台灣一樣有國定假日,也有民俗節日。

  • ?
    Lv 7
    2 0 年前

    http://www.jinja.or.jp/%E7%A5%9E%E9%81%93%E7%9A%84... 日祭典名祭典の趣旨1月1日歳旦祭(さいたんさい)新しい年のはじめをお祝いします。1月3日元始祭(げんしさい)天津日嗣<皇統>の元始をお祝いします。1月7日昭和天皇祭遙拝(しょうわてんのうさいようはい)先帝のおかくれになられた日、宮中皇霊殿(きゅうちゅうこうれいでん)でご親祭(しんさい)あらせられるにつき、神宮でも遙拝式を行います。(内宮第一鳥居内祓所)1月11日一月十一日御饌(いちがつじゅういちにちみけ)神宮の両正宮をはじめ、諸宮社におまつりするすべての神々に、神饌を奉ります(内宮四丈殿にて)。続いて五丈殿で舞楽が奉奏されます。2月11日建国記念祭(けんこくきねんさい)国のはじめをお祝いし、今後の発展をお祈りします。2月17日から2月23日まで祈年祭(きねんさい) 正しくは「としごいのまつり」といい、神饌を奉り五穀の豊かな稔りをお祈りする大御饌の儀と、勅使が参向して奉仕される奉幣の儀の2つのお祭りが行われます。copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shicho3月春分の日御園祭(みそのさい)神嘗祭付属のお祭りで、野菜・果物などの豊作をお祈りします。(神宮御園)3月春分の日春季皇霊祭遙拝(しゅんきこうれいさいようはい)宮中皇霊殿で皇祖皇宗(こうそこうそう)をお祭りになるに際して、神宮では遙拝式を行います。(内宮第一鳥居内祓所)4月上旬神田下種祭(しんでんげしゅさい)神嘗祭付属のお祭りで、神嘗祭をはじめ諸祭典にお供えするご料米の稲種を神田にはじめて下(おろ)し奉るお祭りです。(神宮神田)4月3日神武天皇祭遙拝(じんむてんのうさいようはい)神武天皇のおかくれの日、宮中皇霊殿にてご親祭が行われるにあたり、神宮でも遙拝式を行います。(内宮第一鳥居内祓所)5月1日神御衣奉織始祭(かんみそほうしょくはじめさい)神御衣祭付属のお祭りで、皇大神宮および荒祭宮ご料の和妙(にぎたえ)、荒妙(あらたえ)を奉職するにあたって行われます。(松阪市 神服織機殿(かんはとりはたどの)神社・神麻続機殿(かんおみはたどの)神社)5月13日神御衣奉織鎮謝祭(かんみそほうしょくちんしゃさい)神御衣の和妙、荒妙のうるわしく織り上ったことを感謝します。(松阪市 神服織機殿神社・神麻続機殿神社)5月14日風日祈祭(かざひのみさい) 御幣(ごへい)、御蓑(おんみの)、御笠(おんかさ)を奉り、風雨の災害なく、五穀の豊かな稔りをお祈りします。copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shicho5月14日神御衣祭(かんみそさい)皇大神宮と荒祭宮(あらまつりのみや)に和妙、荒妙の2種の神御衣を奉ります。5月は夏のご料、10月は冬のご料を奉ります。copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shicho6月1日御酒殿祭(みさかどのさい)6月月次祭のご料酒が、うるわしく醸造(じょうぞう)されるようお祈りします。(内宮御酒殿)6月15日興玉神祭(おきたまのかみさい)月次祭奉仕にあたり、内宮御垣内西北隅にご鎮座の地主(じぬし)の神、興玉神をお祭りします。(興玉神石畳)6月15日御卜(みうら)6月月次祭奉仕の神職が、奉仕直前に神の御心(みこころ)にかなうかどうかを、おうかがいする行事です。(皇大神宮中重)6月15日から6月25日まで月次祭(つきなみさい)由貴(ゆき)の大御饌(おおみけ)を午後10時と翌午前2時の2度奉り、ついで正午、奉幣(ほうへい)の儀が行われます。引き続き別宮以下諸宮社でもお祭りが行われます。(皇大神宮/6月16日・17日、豊受大神宮/6月15日・16日)6月30日大祓(おおはらい) 大祭の前月末日に、神宮神職・楽師を祓い清める行事が行われます。特に6月、12月の末日には全職員の大祓が行われます。(内宮第一鳥居内祓所その他) copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shicho8月4日風日祈祭御幣を奉り、風雨の順調、五穀の豊穣をお祈りします。9月上旬抜穂祭(ぬいぼさい)神嘗祭付属のお祭りで、神田にて神嘗祭に奉るご料米の御稲穂(おんいなほ)を抜きまつるお祭りです。(神宮神田)9月秋分の日秋季皇霊祭遙拝春分の日と同様に、遙拝式が行われます。(内宮第一鳥居内祓所)10月1日御酒殿祭6月の項と同じ。10月1日神御衣奉織始祭神御衣祭付属のお祭りで、5月の項と同じ。10月5日御塩殿祭(みしおどのさい)年中の諸祭典にお供えする御塩が、うるわしく奉製されるようにお祈りし、また塩業に従事する人々の守護を合わせてお祈りします。(二見町 御塩殿神社)10月13日神御衣奉織鎮謝祭神御衣祭付属のお祭りで、5月の項と同じ。10月14日神御衣祭5月14日の項と同じ。10月15日興玉神祭6月の項と同じ。10月15日御卜6月の項と同じ。10月15日から10月25日まで神嘗祭(かんなめさい)その年の新穀を大御神に奉り、ご神徳に報謝申し上げるもっとも由緒深いお祭りです。由貴夕大御饌(ゆきのゆうべのおおみけ)●外宮 15日午後10時●内宮 16日午後10時copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shicho由貴朝大御饌(ゆきのあしたのおおみけ)●外宮 16日午前2時●内宮 17日午前2時奉幣(ほうへい)●外宮 16日正午●内宮 17日正午御神楽(みかぐら)●外宮 16日午後6時●内宮 17日午後6時11月23日から11月29日まで新嘗祭(にいなめさい)「しんじょうさい」ともいい、新穀を陛下御自ら神々に奉られ、また御自らもお召しあがりになる大儀が宮中で行われるに際して、神宮へは勅使を御差遣(ごさけん)されて、奉幣の儀が行われます。また、それに先だって神饌を奉り大御饌の儀を行います。引き続き別宮以下諸宮社でもお祭りが行われます。 copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shicho12月1日御酒殿祭12月月次祭付属のお祭りで、6月の項と同じ。12月15日興玉神祭6月月次祭の項と同じ。12月15日御卜6月月次祭の項と同じ。12月15日から12月25日まで月次祭6月月次祭と同じ。12月23日天長祭(てんちょうさい)天皇の御誕生日をお祝い申し上げるお祭りが行われます。12月31日大祓6月の大祓と同様、歳末にあたり神職を始め全職員を祓い清めます。毎日日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうのおおみけさい)年中、毎日朝夕の2度、外宮の御饌殿で、両正宮、同相殿神(どうあいどののかみ)および各別宮諸神にお供えものを奉ります。大麻、暦に関する祭典月 日祭典名祭典の趣旨1月8日大麻暦奉製始祭(たいまれきほうせいはじめさい)神宮大麻(お札)と暦の奉製始めのお祭りです。(頒布部祭場)3月1日大麻暦頒布終了祭(たいまれきはんぷしゅうりょうさい)崇敬者にお頒(わ)けする大麻と暦の頒布終了を奉告するお祭りです。(内宮神楽殿)4月中旬大麻用材伐始祭(たいまようざいきりはじめさい)大麻のご用材を伐りはじめるにあたって、内宮宇治橋の向い側の山上にある丸山祭場で、神饌を奉ってお祭りを行います。9月17日大麻暦頒布始祭全国の崇敬者に来年度の大麻、暦を頒布するに際して、関係者参列のもとに、頒布始めを奉告するお祭りです。(内宮神楽殿) copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shicho12月20日大麻暦奉製終了祭大麻、暦の奉製の終了を奉告するお祭りです。(頒布部祭場)随時大麻修祓式(たいましゅはつしき)奉製されたお札、お守などをお祓いする式で、ほとんど毎週1回行われています。(頒布部祭場) copyright 2000 神宮司庁(c)jingu-shichohttp://www.isejingu.or.jp/maturi/maturi2.htm

  • 2 0 年前

    日本兩大主要宗教信仰是佛教與神道教,其中佛教還有分多個派別如淨土宗、華嚴宗、禪宗等。神道教則是以日本本土神明為主要祭祀對象,由於日本號稱「八百萬神明」,還有像「靖國神社」這種以陣亡軍人為祭祀對象的,所以各神社所祭祀的對象也各自不同。

    至於神社就是神道教的宗教設施,就像佛教的寺、道教的觀或基督教的教堂一樣,是宗教人士居住、供奉與進行儀式的地方。

    節日......抱歉,這我就不知道了=.=|||......

還有問題?馬上發問,尋求解答。