s 發問時間: 娛樂與音樂音樂其他:音樂 · 1 0 年前

翻近畿小子-夏日風情日文(平假名)

誰能幫我翻近畿小子夏日風情的日文平假名

學日文用的~謝謝囉~~︿︿

夕日が窓の向こうで音もたてずゆっくり

沈んでゆく景色に胸が鷲づかみにぎゅってされた

小さな夢抱えながら

躓き転んで膝を擦り剝いた靑い夏の日

薊の咲く小道を抜けて

蟬時雨の波追いかけてた

焼けに夕日の滲んでいたのはいつかの夏模様

靜かによみがえる この胸に

最近忘れていた 立ち止まって見ること

逸れた雲みたいに僕は 街と獨り流されていた

水彩畫で 書いたような

夕暮れの中をぼくは走ってた靑い夏の日

薊の咲く小道で今も

蟬時雨はまだ聞こえますか?

あの日にはもう戻れないけれど

いつかの夏模様

今度會いに行こう

會いに行こう

瞳閉じて見上げた空をかけてゆく風は忘れかけた

蒼い夏と同じ匂いがして

笑顔が込み上げる

薊の咲く小道を抜けて

蟬時雨の波追いかけてた

焼けに夕日の滲んでいたのはいつかの夏模様

靜かによみがえる この胸に

2 個解答

評分
  • 1 0 年前
    最佳解答

    なつもよう

    ゆうひが まどのむこうで

    おともたてず ゆっくり

    しずんでゆくけしきに むねが

    わしづかみに ぎゅってされた

    ちいさなゆめ かかえながら

    つまづきころんで

    ひざをすりむいた あおいなつのひ

    あざみのさくこみちをぬけて

    せみしぐれのなみおいかけてた

    やけにゆうひのにじんでいたのは

    いつかのなつもよう

    しずかによみがえる このむねに

    さいきん、わすれていたな…

    たちどまってみること

    はぐれたくもみたいに ぼくは

    まちとひとにながされていた

    すいさいがで かいたような

    ゆうぐれのなかを

    ぼくははしってた あおいなつのひ

    あざみのさくこみちでいまも

    せみしぐれはまだきこえますか?

    あのひにはもうもどれないけれど

    いつかのなつもよう

    こんど、あいにゆこう…

    あいにゆこう。

    ひとみとじてみあげたそらを

    かけてゆくかぜは わすれかけた

    あおいたつとおなじにおいがして

    えがおがこみあげる

    あざみのさくこみちをぬけて

    せみしぐれのなみ おいかけてた

    やけにゆうひのにじんでいたのは

    いつかのなつもよう

    しずかによみがえる このむねに。

    參考資料: 自己
    • Commenter avatar登入以對解答發表意見
  • ymi
    Lv 6
    1 0 年前

    夏模様唄 KinKi Kids作詞 作曲 Satomi 林田健司 夕陽(ゆうひ)が 窓(まど)の向(む)こうで音(おと)もたてず ゆっくり沈(しず)んでゆく景色(けしき)に 胸(むね)が鷲掴(わしづか)みに ギュッてされた小(ちい)さな夢(ゆめ) 抱(かか)えながら躓(つまづ)き転(ころ)んで膝(ひざ)を擦(す)りむいた 蒼(あお)い夏(なつ)の日(ひ)アザミの咲(さ)く小路(こみち)を抜(ぬ)けて禅時雨(せみしぐれ)の波(なみ) 追(お)いかけてたやけに夕陽(ゆうひ)が滲(にじ)んでいたのはいつかの夏模様(なつもよう)静(しず)かに甦(よみがえ)る この胸(むね)に。最近(さいきん)、忘(わす)れていたな…立(た)ち止(ど)まってみることはぐれた雲(くも)みたいに ボクは街(まち)と社会(ひと)に流(なが)されていた水彩画(すいさいが)で描(か)いたような夕暮(ゆうぐ)れのなかをボクは走(はし)ってた 蒼い夏の日アザミの咲く小路で今(いま)も蝉時雨はまだ聞(き)こえますか?あの日(ひ)にはもう戻(もど)れないけれどいつかの夏模様今度(こんど)、逢(あ)いにゆこう…逢いにゆこう。瞳閉(ひとみと)じて見上(みあ)げた空(そら)を駆(か)けてゆく風(かぜ)は 忘れかけた蒼い夏(なつ)と同(おな)じにおいがして笑顔(えがお)が込(こ)み上(あ)げるアザミの咲く小路を抜けて蝉時雨の波 追いかけてたやけに夕陽が滲んでいたのはいつかの夏模様静かに甦る この胸に。

    參考資料: 網路
    • Commenter avatar登入以對解答發表意見
還有問題?馬上發問,尋求解答。