不是定理 發問時間: 社會與文化語言 · 1 0 年前

棒球遊戲玩家攻略

<チーム方針> (ほぼハリスタと一緒)

キーオ、池田の2人のエースを1試合ごとに先発させた

先発が疲れたら、体力のあまってる中継ぎ陣でなんとかする

打撃はとにかく引っ張りのHR狙い、ヒット狙っても足遅いしライトゴロなんて当たり前

足の速い大野がいたので、内野安打狙いの流し打ちも試しましたが余裕でアウト

成長方針は、少し変えました

肩力は2くらいあればまともな野球ができるので、肩力を2~3くらいまで上げて、

そのあとは走力もしっかり上げました

走力が高ければ2ベースが出やすいし、ゲッツーの確率も減るので、

これまた野球がしやすくなります

先発ピッチャーの体力は全てにおいて最優先、体力たまれば球速も上げる

請大家幫忙翻譯

1 個解答

評分
  • 匿名使用者
    1 0 年前
    最佳解答

    當< 隊政策> (幾乎射線星和同時)事先開始一點2的先行者[kio],并且每Ikeda比賽变得疲乏無論如何,作为為震動莫名其妙地的,体力瞄準的HR拉扯與[ru]中轉位置,瞄準的命中,腳它是慢的,因為和或写勒索致利者如何擊中Ono前肢是快速的光,您也嘗試了水槽觸擊内场手目標,但是,如果作为為成長政策,至于改變一小大约2它的肩膀力量的是與室,因為誠實的棒球是 可能,增长的肩膀力量到大约2~3,如果以後那安全地被舉的也跑的力量高的連續力量, 2個基地是容易對appearTo,因為也[getsutsu]減退的可能性,如果這和要做的棒球至于為变得容易多數優先權和体力先行者投手的体力在一切積累,它也增加球形速度

    參考資料:
還有問題?馬上發問,尋求解答。