兔仔 發問時間: 娛樂與音樂漫畫與動畫 · 1 0 年前

家庭教師未來篇櫻鎖歌詞

我需要~家庭教師未來篇櫻鎖歌詞~

可以的話

有日文跟歌詞~

已更新項目:

說錯=ˇ=是日文跟中文

日文的話我不要發音

4 個解答

評分
  • 1 0 年前
    最佳解答

    【桜ロック】

    作詞、作曲/MEEKO

    編曲/村田昭

       CHERRYBLOSSOM

    演唱/CHERRYBLOSSOM

    使用話數/115 ─ 126

    会いたくて 恋しくて 離れて

    想見你 戀著你 分離

    あの日はもうこない

    那天已不復再來

    等身大の自分 遠くの君に手を振ろう 挙げろ

    身長相等的自己 對著遠方的你 舉起手揮動

    Put your hands up. Yeah. Oh.

    淡い香りが漂う季節がめぐりくる

    淡香飄繞季節往復

    心弾ませていた頃が今蘇るよ

    心跳之時於此刻甦醒

    初めて恋をしたんだ 何もかも輝いていた

    初戀時 所見之物皆閃耀光輝

    少しの時間でさえも 一緒に時を刻んでいた

    連些許時光 也想與你一同渡印

    桜咲いた木の下で君の声を

    櫻花盛開樹下你的聲語

    春風が邪魔して聞こえない

    因春風打擾使我無法聆聽

    さよならじゃないと願った

    我本祈求不要說再見

    会いたくて 恋しくて 離れて

    想見你 戀著你 分離

    あの日の笑顔が舞い散って

    那天的笑容飛舞凋零

    いつまでもと誓った 君はもういない

    我無時無刻不在誓言 但你已不在

    叶うなら桜が舞い降りる 来年の今も

    如得以實現那櫻花飄舞而下的 明年的今天

    肩並べ写真でも撮りたいな あの日はもうこない

    真想與你並肩留影 但那天已不復再來

    会いたい 見えない 手のひら

    想看見 卻看不見的 手掌

    ほら?花びら 空に光る星が

    瞧?那花瓣 像是天空閃耀的繁星

    傷口をつつくんだ

    再度戳深我的傷口

    もう恋なんてしないよ

    已經不會再戀愛了

    君に一番言いたかった

    最想對你如此傾訴

    雨が降って 二人で入った傘も

    雨水降下 兩人一起避雨的地方

    待ち合わせしたあの駅も

    那相約等待的車站

    もう一人じゃ行きたくないよ

    卻已經不想獨自前往

    「好きだった」過去形名手紙は今更いらない

    「好喜歡你」那封過去式的信紙如今已不再需要

    別れ際優しくするなら 側にいてほしい

    若在離別之際能夠挽留 我希望你能留在身邊

    来るはずのない場所であの日を待ってる

    在不可能去的地方等待著那天

    一人ぼっちの僕を

    孤獨一人的我

    思い出のあの曲を小さい声で歌う

    小聲哼唱著回憶起的那首歌曲

    もう恋なんてしないよなんて ただの嘘で

    已經不會再戀愛了之類的話 也僅僅是謊言

    もう忘れられないなんて ただの冗談で

    已經不能再忘記了之類的話 也僅僅是笑話

    忘れたくなくて 結局君に恋していたいよ

    雖然不想忘記 但結果卻又想與你相戀

    会いたくて 恋しくて 離れて

    想見你 戀著你 分離

    あの日の笑顔が舞い散って

    那天的笑容飛舞凋零

    いつまでもと誓った 君はもういない

    我無時無刻不在誓言 但你已不在

    ラジオからあの曲 二人でいた部屋で

    收音機傳出的那首歌曲 在兩人的房間中

    自然と涙が溢れ出る

    淚水自然地滿溢而出

    別れ際の笑顔が一番愛しく見えた

    離別之際的那份笑容顯得最可愛

    咲かせよう 桜が舞い降りて

    讓其盛開吧 那櫻花飄舞而下

    弱い自分から抜け出せる

    從軟弱的自己中脫離而出

    涙の音奏でる旋律を歌う

    哼唱那淚之音所演奏的旋律

    ラジオから春の歌 もうそんな季節ね

    從收音機傳出的那首春之歌 已經是那樣的季節

    さよならをぐっと飲み込んだ

    那句再見我已深深地接受了

    思い出の1ページ 色鮮やかに残る

    而回憶的那一頁 卻色彩鮮明地留下了

    參考資料: 網站
  • 9 年前

    感謝~XD

    找了很久

  • Kin
    Lv 7
    1 0 年前

    歌名:桜ロック (櫻之岩)

    歌手:CHERRYBLOSSOM

    收錄單曲:桜ロック

    2009年2月18日發售

    中日文歌詞↓

    会いたくて 恋しくて 離れて

    あの日はもうこない

    好想見你 多麼的愛戀卻要別離

    那樣的日子已回不去

    等身大の自分 遠くの君に手を振ろう 挙げろ

    Put your hands up. Yeah. Oh.

    身長相等的自己 對著遠方的你舉手摇動

    Put your hands up. Yeah. Oh.

    淡い香りが漂う季節がめぐりくる

    心弾ませていた頃が今蘇るよ

    初めて恋をしたんだ 何もかも輝いていた

    少しの時間でさえも 一緒に時を刻んでいた

    淡香殘留 季節變遷

    現在那曾心潮湧動的過往又再次復甦

    第一次墜入愛河 世間變得催燦發光

    哪怕在一起的時候只有須臾片刻 卻銘刻入心

    桜咲いた木の下で君の声を

    春風が邪魔して聞こえない

    さよならじゃないと願った

    在盛開的櫻花樹下你的聲音

    因春風打擾使我無法聆聽

    我祈禱那不是別離的話語

    会いたくて 恋しくて 離れて

    あの日の笑顔が舞い散って

    いつまでもと誓った 君はもういない

    叶うなら桜が舞い降りる 来年の今も

    肩並べ写真でも撮りたいな あの日はもうこない

    好想見你 多麼的愛戀卻要別離

    那日的笑容已煙消雲散

    曾祈禱永遠 而你已不在我身邊

    若是得償所願則櫻花紛舞 明年的此時

    真想拍一張肩並著肩的照片 那樣的日子卻已回不去了

    会いたい 見えない 手のひら

    ほら?花びら 空に光る星が

    傷口をつつくんだ

    もう恋なんてしないよ

    君に一番言いたかった

    想看見卻 看不見的 手掌

    瞧?花瓣 天空閃耀的繁星

    再度戳深我的傷口

    已經不會再戀愛了

    最想對你如此傾訴

    雨が降って 二人で入った傘も

    待ち合わせしたあの駅も

    もう一人じゃ行きたくないよ

    雨水灑落 二人共同避雨的地方

    相約等待的那個車站

    都已經不想一人前往了

    「好きだった」過去形な手紙は今更いらない

    別れ際優しくするなら 側にいてほしい

    来るはずのない場所であの日を待ってる

    一人ぼっちの僕を

    思い出のあの曲を小さい声で歌う

    「喜歡你」那封過去式的信 事到如今已不再需要

    若在離别之際能夠挽留的話 希望你能留在我身邊

    在不可能去的地方等待著的那天

    孤獨一人的我

    小聲哼唱著回憶起的那首歌曲

    もう恋なんてしないよなんて ただの嘘で

    もう忘れられないなんて ただの冗談で

    忘れたくなくて 結局君に恋していたいよ

    已經不會再戀愛了之類的 也僅僅是谎言

    已經不能再忘記了之類的 也僅僅是笑話

    雖不想忘記 結果卻又想與你相戀

    会いたくて 恋しくて 離れて

    あの日の笑顔が舞い散って

    いつまでもと誓った 君はもういない

    好想見你 多麼的愛戀卻要別離

    那日的笑容已煙消雲散

    曾祈禱永遠 而你已不在我身邊

    ラジオからあの曲 二人でいた部屋で

    自然と涙が溢れ出る

    別れ際の笑顔が一番愛しく見えた

    從收音機傳出的那首歌曲 在兩人的房間中

    淚水自然地滿溢而出

    離别之際的那份笑容顯得最為可愛

    咲かせよう 桜が舞い降りて

    弱い自分から抜け出せる

    涙の音奏でる旋律を歌う

    ラジオから春の歌 もうそんな季節ね

    さよならをぐっと飲み込んだ

    思い出の1ページ 色鮮やかに残る

    讓其盛開吧 那櫻花飄舞而下

    從軟弱的自己中脱離而出

    哼唱那淚之音所演奏的旋律

    從收音機傳出的那首春之歌 已經是那樣的季節

    那句再見我已深深地接受了

    而回憶的那一頁 卻色彩鲜明地留下了

  • 1 0 年前

    桜ロック

    会(あ)いたくて 恋(こい)しくて 離(はな)れて

    想見你 戀著你 分離

    あの日(ひ)はもうこない

    那天已不復再來

    等身大(とうしんだい)の自分(じぶん) 遠(とお)くの君(きみ)に手(て)を振(ふ)ろう 挙(あ)げろ

    身長相等的自己 對著遠方的你 舉起手揮動

    Put your hands up. Yeah. Oh.

    Put your hands up. Yeah. Oh.

    淡(あわ)い香(かお)りが漂(ただよ)う季節(きせつ)がめぐりくる

    淡香飄繞季節往復

    心弾(こころはず)ませていた頃(ころ)が今(いま)蘇(よみがえ)るよ

    心跳之時於此刻甦醒

    初(はじ)めて恋(こい)をしたんだ 何(なに)もかも輝(かがや)いていた

    初戀時 所見之物皆閃耀光輝

    少(すこ)しの時間(じかん)でさえも 一緒(いっしょ)に時(とき)を刻(きざ)んでいた

    連些許時光 也想與你一同渡印

    桜咲(さくらさ)いた木(き)の下(した)で君(きみ)の声(こえ)を

    櫻花盛開樹下你的聲語

    春風(はるかぜ)が邪魔(じゃま)して聞(き)こえない

    因春風打擾使我無法聆聽

    さよならじゃないと願(ねが)った

    我本祈求不要說再見

    会(あ)いたくて 恋(こい)しくて 離(はな)れて

    想見你 戀著你 分離

    あの日(ひ)の笑顔(えがお)が舞(ま)い散(ち)って

    那天的笑容飛舞凋零

    いつまでもと誓(ちか)った 君(きみ)はもういない

    我無時無刻不在誓言 但你已不在

    叶(かな)うなら桜(さくら)が舞(ま)い降(お)りる 来年(らいねん)の今(いま)も

    如得以實現那櫻花飄舞而下的 明年的今天

    肩(かた)並(なら)べ写真(しゃしん)でも撮(と)りたいな あの日(ひ)はもうこない

    真想與你並肩留影 但那天已不復再來

    会(あ)いたい 見(み)えない 手(て)のひら

    想看見 卻看不見的 手掌

    ほら?花(はな)びら 空(そら)に光(ひか)る星(ほし)が

    瞧?那花瓣 像是天空閃耀的繁星

    傷口(きずぐち)をつつくんだ

    再度戳深我的傷口

    もう恋(こい)なんてしないよ

    已經不會再戀愛了

    君(きみ)に一番言(いちばんい)いたかった

    最想對你如此傾訴

    雨(あめ)が降(ふ)って 二人(ふたり)で入(はい)った傘(かさ)も

    雨水降下 兩人一起避雨的地方

    待(ま)ち合(あ)わせしたあの駅(えき)も

    那相約等待的車站

    もう一人(ひとり)じゃ行(い)きたくないよ

    卻已經不想獨自前往

    「好(す)きだった」過去(かこ)形名(けいな)手紙(てがみ)は今更(いまさら)いらない

    「好喜歡你」那封過去式的信紙如今已不再需要

    別(わか)れ際優(ぎわやさ)しくするなら 側(そく)にいてほしい

    若在離別之際能夠挽留 我希望你能留在身邊

    来(く)るはずのない場所(ばしょ)であの日(ひ)を待(ま)ってる

    在不可能去的地方等待著那天

    一人(ひとり)ぼっちの僕(ぼく)を

    孤獨一人的我

    思(おも)い出(で)のあの曲(きょく)を小(ちい)さい声(こえ)で歌(うた)う

    小聲哼唱著回憶起的那首歌曲

    もう恋(こい)なんてしないよなんて ただの嘘(うそ)で

    已經不會再戀愛了之類的話 也僅僅是謊言

    もう忘(わす)れられないなんて ただの冗談(じょうだん)で

    已經不能再忘記了之類的話 也僅僅是笑話

    忘(わす)れたくなくて 結局君(けっきょくきみ)に恋(こい)していたいよ

    雖然不想忘記 但結果卻又想與你相戀

    会(あ)いたくて 恋(こい)しくて 離(はな)れて

    想見你 戀著你 分離

    あの日(ひ)の笑顔(えがお)が舞(ま)い散(ち)って

    那天的笑容飛舞凋零

    いつまでもと誓(ちか)った 君(きみ)はもういない

    我無時無刻不在誓言 但你已不在

    ラジオからあの曲(きょく) 二人(ふたり)でいた部屋(へや)で

    收音機傳出的那首歌曲 在兩人的房間中

    自然(しぜん)と涙(なみだ)が溢(あふ)れ出(で)る

    淚水自然地滿溢而出

    別(わか)れ際(ぎわ)の笑顔(えがお)が一番(いちばん)愛(いと)しく見(み)えた

    離別之際的那份笑容顯得最可愛

    咲(さ)かせよう 桜(さくら)が舞(ま)い降(お)りて

    讓其盛開吧 那櫻花飄舞而下

    弱(よわ)い自分(じぶん)から抜(ぬ)け出(だ)せる

    從軟弱的自己中脫離而出

    涙(なみだ)の音奏(おとかな)でる旋律(せんりつ)を歌(うた)う

    哼唱那淚之音所演奏的旋律

    ラジオから春(はる)の歌(うた) もうそんな季節(きせつ)ね

    從收音機傳出的那首春之歌 已經是那樣的季節

    さよならをぐっと飲(の)み込(こ)んだ

    那句再見我已深深地接受了

    思(おも)い出(で)の1ページ 色鮮(いろあざ)やかに残(のこ)る

    而回憶的那一頁 卻色彩鮮明地留下了

    以上是家庭教師ED11中文日文對照表

還有問題?馬上發問,尋求解答。