請幫我翻譯這篇有關忍者的日文

黒鍬(くろくわ)は戦国時代や江戸時代に土木作業を行う者達を指す。畔鍬とも表記する。

概要[編集]

語源に当たる黒鍬は通常の鍬より刃が厚くて幅が広く、刃と柄の角度が60~80度に開いている。さらに、柄が太く短くできていることで力を加えやすく、打ち下ろした時に深く土に食い込むようにできている鍬の事である。

戦国大名に仕えた黒鍬は小荷駄隊に属して、陣地や橋などの築造や戦死者の収容・埋葬などを行った。後世の戦闘工兵の役割を担っていたと考えられている。

江戸幕府の組織としての黒鍬(組)も三河松平氏時代からの譜代の黒鍬から構成されており、若年寄支配で小者・中間として江戸城内の修築作業や幕府から出される諸令伝達や草履取り等の雑務に従事した。食禄は1人当たり12俵1人扶持が原則で役職に付くと、役高が加算された。

当初は苗字帯刀も許されず、例外的に護身用の脇差だけを持つ事が許されたが、三河譜代の黒鍬については、世襲が許され、後には御家人の最下層格の扱いを受けた。

黒鍬の長である黒鍬頭(くろくわかしら)は、役高100俵の待遇を受けた。定員は天和年間の定制は200名であったが、享保年間には430名となり、幕末には470名にまで増員された。こうした人数の拡大に対応するために、幕末には3組に分割され、黒鍬頭に任命された組頭(役高30俵1人扶持)が置かれた。

幕末期には新設された役職の補充として見廻組や撒兵へ移動となり、また彰義隊にも多くが参加した。

2 個解答

評分
  • 6 年前
    最佳解答

    您好,以下試譯,參考看看,翻得不好的地方請見諒:)

    黑鍬是指戰國或江戶時代從事土木作業的人們。也寫作畔鍬。

    作為語源由來的黑鍬,其刀刃比一般的鍬來得厚且較寬,刀刃與握柄之間的角度呈現60至80度。而且,刀柄做得既粗又短因此容易施力,向下掘土時可以挖得很深。

    仕奉戰國時代領主的黑鍬屬於小荷駄隊(相當於現代輜重隊),負責陣地或橋樑的布署建造,或是收容、埋葬死者。一般認為他們擔任了後世戦闘工兵的責任。

    作為江戸幕府組織的黒鍬(組)也是由三河譜代的黑鍬構成,接受若年寄(江戶幕府的職務名稱,直屬於將軍)指令,以小者、中間(都是職務名,位階較低)的身份從事江戶城內的修築作業、傳達幕府的命令或是幫忙武士提鞋、擦鞋等雜務。原則上食祿一人12俵,一份扶持米,根據工作量會再往上加。

    雖然一開始不允許稱姓、佩帶刀劍,唯有護身用的短刀可以破例攜帶,但三河譜代的黒鍬允許世襲,之後被當成最低階級的御家人(與將軍締結主從關係的武士)看待。

    黑鍬的首領黒鍬頭有100俵的待遇。在天和年間有定員200人,到了享保年間有430人,幕末增加到470名。為了因應人數的擴增,幕末時分為三組,並任命黒鍬頭(一人30俵,一份扶持米)

    幕府末年作為新設役職的補充成員移到了見廻組或是撒兵隊。

    也有很多人選擇加入彰義隊。

    參考資料: 自己+網路
    • 登入以對解答發表意見
  • 6 年前

    黑色鋤頭 (くろくわ) 指的是做建築的人工作在戰國和江戶時代。公約 》 和海岸的鋤頭。

    [編輯] 概述

    黑色鋤頭打語源學比正常鋤頭刀片的刀片和刀柄厚寬、 開放 60-80 度角。當與厚厚的控制碼,作短期的易於添加電源,同時隨時準備標記深層土壤鋤頭東西是中。

    小荷駄是屬於的黑鍬軍閥軍團,如炮臺和橋樑和被殺死在拘留、 施工埋,等等。在未來相信戰鬥工程師負責。

    從事雜項任務,如黑色 (一對) 作為幕府的組織由組成從三河黜時代普代黑色鋤頭,在 wakadoshiyori 統治作為一名初級和中級維修在江戶城堡、 幕府和順序傳輸和草履取り 的工作。食祿是每 12 包一個三明治原則立場困在和添加有用高。

    允許不允許穿一把劍在一開始就只能束手就擒 wakizashi 黑色鋤頭三河富達、 遺傳性的關於異常的家庭名稱冤枉 Gokenin 後的最低價格。

    黑色的長鋤頭與黑鋤頭 (くろくわかしら),收到的治療可以説明高 100 包。恒定的控制的天堂和諧年生產能力是 200,但在該 430 年,江戶時期被增加到 470。Kumigashira 以容納這些人分為 3 組,江戶時期擴大被任命為黑鋤頭有用高 30 包每人扶持) 放置。

    更換職位設立了江戶時期和 mimawarigumi 和批量載體士兵移動,還參加了許多 a.y.軍團

    參考資料: 翻譯軟體
    • 登入以對解答發表意見
還有問題?馬上發問,尋求解答。